ペットのための予防接種講座。

   

 人間と同じように、犬や猫などのペットにも、たくさんの感染症が存在します。
 犬のジステンパーや伝染性肝炎、パルボウイルス感染症、猫のウイルス性鼻気管炎や猫免疫不全症候群、伝染性腹膜炎……。中には、発症すると命に関わるものも少なくありません。
 予防接種は、そんな感染症から犬や猫を守るための、有効な手段です。
 しかし、ペットに予防接種を受けさせることに対して、不安を抱いている飼い主さんもいます。
 副作用が心配なので、なるべく打ちたくない、という人に、私も何度か出会いました。
 逆に、混合ワクチンと狂犬病ワクチンをまとめて打って欲しい、と希望されたり、散歩がてら予防接種に来てしまったりと、予防接種が動物の体に与える負担について、よくご存じないような飼い主さんをお見かけすることもあります。
 心配しすぎてしまうのも、心配しなさすぎてしまうのも、どちらも原因は、予防接種というのがいったいどんなものなのか、きちんと知らされていない、ということにあるのではないかと思います。
 そこで、飼い主のみなさんが正しい理解を持つ助けになるように、本稿では予防接種のしくみについて書いていくことにしました。

予防接種は、免疫を利用する

 子供の頃、麻疹や水疱瘡などの感染症にかかったことのある人は多いのではないかと思います。
 一方で、それらの感染症に2度かかったことがある、という人は少ないはずです。
 1度感染症にかかると、同じ病気にかかりにくくなることを、免疫と言います。
 予防接種は、この免疫のはたらきを利用した、病気の予防方法です。
 動物の体の中には、細菌やウイルスなどの異物が侵入してきたときにそれと戦い、排除する、たくさんの免疫細胞が存在しています。
 1度かかった病気にかかりにくくなるのは、それらの免疫細胞が、病原体の「顔」を記憶しているからです。
 異物と認識したものはなんでも容赦なく攻撃する免疫細胞ですが、1度目の遭遇では、それが「異物」だと認識するまでに、少し時間がかかります。だから、攻撃準備に手間取っているうちに病原体が勢力を拡大し、病気になってしまいます。しかし、2度目以降は、もうその「顔」を記憶しているので、手間取りません。侵入してきたら即座に攻撃を開始し、病気になる前に、病原体を排除することができます。だから、1度かかった病気にはかかりにくくなるのです。
 だったら、あらかじめ病原体の「顔」を免疫細胞に記憶させておけば、はじめての遭遇のときにも、病気にならないで済むのではないか。そのような考えから、予防接種が生まれました。

予防接種が「効く」しくみ

 では、具体的にはどのようにして、免疫細胞に病原体の「顔」を覚えさせるのでしょうか。
 大きく分けると、2つの方法があります。
 ひとつめは、弱毒型、つまり、同じ病原体なんだけれども、弱くて動物を病気にする力のないタイプのものを、接種する方法です。
 もうひとつは、不活化型、つまり、病原体の「死体」あるいはその断片を接種する方法です。
 免疫細胞は、「自分の体」以外のものは、有害だろうが無害だろうが、とにかく区別なく「異物」と判断するようにできているので、病気を引き起こす力がなくても、これらのものを接種すると、「異物」として記憶してくれます。だから、その後、本物の病原体が体内に侵入してきたときに、迅速に対応できるようになるのです。
 なお、このような、予防接種のために作られた弱毒型の病原体、あるいは、病原体の「死体」を含む注射薬のことを、ワクチンと呼びます。

予防接種の注意点

 予防接種のしくみがわかれば、自ずと、その注意点もわかってくるかもしれません。
 まず、理解しておかなければいけないことは、予防接種は、それそのものが病原体を殺す力を持っているわけではない、ということです。
 予防接種は、免疫細胞に病原体の「顔」を覚えさせるはたらきしか持ちません。病原体が侵入してきたとき、実際に戦うのは免疫細胞です。ですから、他の病気や栄養不良、妊娠などによって、免疫細胞の力そのものが落ちてしまっているときには、予防接種をしていたとしても、病気にかかってしまうことがあります。アンパンマンは、バイキンマンが悪いやつだとよく知っていますが、彼が悪さをする兆候に気付いても、顔が濡れていてはなにもできません。それと同じ。
 また、免疫細胞の調子が万全でも、病原体の勢力が圧倒的な場合には、競り負けてしまうこともあります。不衛生な環境で、病原体がわんさといるところでは、予防接種をしていても病気になり得ます。格闘技のチャンピオンでも、敵が100人いたらさすがに勝てませんよね。
 だから、病気を予防するためには、予防接種をしているからと安心せずに、しっかりと健康管理、衛生管理をしなくてはいけません。
 次に大事なことは、予防接種を打ったときでも、体の中で起きる反応は、本物の病原体が入ってきたときと変わらないということです。
 困ったことに、免疫細胞たちは、予防接種によって体の中に入ってきた弱毒型・不活化型の病原体の「顔」を、見ただけで覚えることができません。とりあえず攻撃して、叩きのめして、その後でないと、覚えられないのです。
 病気になったときのつらさの要素である発熱や炎症といった反応は、免疫細胞が病原体を叩きのめすために起こすものですから、予防接種であっても、起こります。もちろん、相手が弱く、数も少ないので、本物の病気にかかったときのように大きな反応は出ませんが、それでも、動物が少ししんどさを感じることはありえます。だから、予防接種の後は安静にさせるよう、獣医さんから示指されるのです。散歩がてら1時間かけて病院に来て予防接種をして、1時間かけて歩いて帰る、なんてことをさせてはいけませんし、もちろん当日は帰ってからも、お散歩は控えなければいけません。また、動物が他の病気に罹っているときには、その症状を悪化させることもあるので、接種を控えなければいけません。
 さらに困ったことに、免疫細胞たちは、時間が経つと、せっかく覚えた病原体の「顔」を忘れることがあります。人間の場合でも、結核の予防接種であるBCGの効果は5年ももたない、と言われますね。動物も同じです。ですから、予防接種の効果を持続させるためには、定期的な追加接種が必要なのです。どれくらいの間隔で追加接種すべきかは商品にもよりますが、1度打ったらそれでOK、というわけにはいかないことも、覚えておいてください。

初年度の接種について

 動物の子どもは、免疫細胞が病原体の「顔」をなにひとつ記憶していない状態で生まれてきます。そのため、病原体の侵入に対して、非常に無防備になっています。
 そんな子どもが病気にかかるリスクを減らせるように、動物たちは進化を遂げてきました。その過程で編み出された方法のひとつが、母子免疫です。
 動物の子どもは、胎盤や母乳を介して、お母さんから移行抗体を受け取ります。抗体とは、免疫細胞が病原体を攻撃するときに使う武器のひとつです。自前の免疫機構が未熟でも、この武器を使うことによって、子どもは病原体に対抗することができます。
 しかし、予防接種をするときには、この移行抗体が邪魔をします。子どもの体の中に移行抗体が残っていると、予防接種をしても、子ども自身の免疫細胞に先んじて移行抗体が排除してしまうので、子どもの免疫細胞は病原体の「顔」を覚えられないのです。
 ですから、子どもに予防接種をする際には、移行抗体が体の中からなくなるタイミングを、見極めて行わなければいけないのですが、これがとても難しい。移行抗体がどれくらいで体の中からなくなるかは個体差によって、また病原体の種類にもよって違うからです。ジステンパー用の移行抗体がなくなっても、パルボウイルスに対する移行抗体はまだ残っている、ということがあります。
 初年度に複数回の予防接種を行うのは、そんな状況に対処するためです。いちばん早くてこのくらいには移行抗体が切れる病気が出てくる、というタイミングで予防接種をはじめ、遅くてもこのくらいにはすべての病気に対する移行抗体が切れているはずだ、というタイミングまで繰り返す。そうして、母子免疫が切れてしまったけれど予防接種による免疫がついていない、という空白の期間を作らないようにしているのです。

副作用について

 さて、予防接種においてやはり心配なのは副作用でしょう。ワクチンそのものが体にとっては異物である以上、どうしても副作用はつきまといます。残念ながら、「副作用の存在しない医療行為」というものは、この世には原理的に存在しえません(それを謳っているものは、その時点でエセ医学であると断じて構いません)。
 副作用の中でもっとも気をつけなければいけないのはアナフィラキシーショックでしょう。ワクチンの成分に体が過剰反応し、その結果、血圧が急激に下がって命に関わる状態になるものです。接種後、時間が経ってから発現することはまずなく、ほとんどの場合、接種後1時間までの間に起こります。適切な治療を施せば助けることができるので、接種後しばらくは、すぐ獣医師の診察を受けられる状態にしておくとよいでしょう。予防接種をした動物はしばらく病室で様子を見るようにしている動物病院もあります。
 それ以外には、嘔吐や顔の腫れ、接種部位の腫れなどが見られることもあります。接種部位の腫れであれば、軽微なものは経過観察をしてもよいですが、嘔吐や顔の腫れは、誤嚥、気道閉塞につながることもあるので、気づいたらすぐ動物病院に連れて行くようにしてください。
 接種後、時間が経ってから現れてくる副作用には、悪性腫瘍の発生があります。同一部位に繰り返しワクチンを打つと発生リスクが高まるようなので、追加接種の際には、前回とは違う場所に打ってもらえるよう、飼い主さんの自身でも、毎回接種部位を記録しておくとよいと思います。
 顔の腫れなどの副作用が出てしまった場合に、翌年以降の接種をどうするのかも、気になるところではないでしょうか。
 1度副作用の出た動物は、次回以降も副作用が出やすいと考えられますから、なんらかの対処が必要です。
 動物がある程度の年齢であれば、接種をやめてしまうのもひとつです。予防接種の効果は数年は続きますから、一定以上の年齢であれば、無理に打たなくても、最期まで効果が持続する見込みがあります。若くても、感染リスクの低い環境で飼育しているなら、副作用のリスクを負ってまで接種する必要はないかもしれません。
 予防接種をしないことで病気になってしまうのが心配であれば、ワクチンのメーカーや種類を変えてみる方法もあります。ある種類のワクチンでは副作用が出たけれども、別のものなら大丈夫だった、ということもあるのです。混合ワクチンの場合、含まれているワクチンの数が多ければ多いほど副作用も出やすいので、必要最低限のものに絞ってみるのもよいでしょう。
 予防接種による副作用のほとんどは要するにアレルギー反応ですから、抗アレルギー薬を一緒に注射する、という方法もあります。
 どのような方法を選択するべきかは、動物の状態や飼育環境によって変わってきますから、獣医師とよく相談するようにしてください。

予防接種をする目的

 最後に、なぜ予防接種をするのか、について、補足説明をしておきたいと思います。
 飼育動物に予防接種をするのは、その動物を病気から守るためだけではありません。その動物を含む、集団全体を守るためでもあります。
 予防接種を受けた動物が感染症にかかりにくくなるということは、感染源となって病原体をばらまくことも起こりにくくなる、ということです。ある動物に予防接種を施せば、その動物と接する周囲の動物が感染症にかかるリスクも、下げることができるのです。すべての動物が予防接種を受けるようになれば、次第に病原体は行き場をなくし、姿を消していきます。そのようにして、たとえば天然痘は撲滅されました。おかげで今、私たちは、天然痘にかかる心配をほとんどまったくしないで(研究用の株が保存されているので、完全にまったく、とは言えないですが)、生活することができます。予防接種は、そんなふうに、「みんな」の安心と安全のために行うものなのです。動物でもその事情は変わりません。副作用のリスクと天秤にかけるべきなのは、「うちの子の利益」だけではなくて、「まわりのすべての動物の利益」なのです。繰り返しますが、副作用のない医療行為はありません。「みんなのため」にその副作用リスクを飲む、予防接種とは、そういう「大人のための」医療行為なのですね。

 さて、駆け足ではありましたが、予防接種の概要について説明してみました。予防接種に関する疑問の解消に、多少なりとも役立てば幸いです。

1986年生まれ。幼少期より生き物と戯れて育つ。2011年、東京農工大学農学部獣医学科卒業。同年より小動物臨床に従事。在学中から、WordPressを利用してブログを書き始める。ニシアフリカトカゲモドキと出会った2014年に内容を一新、爬虫類ブログ「とかげもどきのしっぽ。」を立ち上げ、現在に至る。ニシアフリカトカゲモドキをはじめ、多くの爬虫類と暮らしている。

 - 獣医学