床材は砂でなければ安心か?

      2016/03/18

 小型のトカゲの床材に砂を用いる場合には、誤飲に注意しなければならないとたいていどんな本にも書いてある。
 餌に付着したまま飲み込まれた砂が、時に腸閉塞の原因になることがあるからである。
 では、砂でなければ安心かと言えば、そうでもないような気がしている。
 というのも、前回のエントリーに載せたやまももの嘔吐物らしきものの中に、明らかに紙の繊維が含まれていたからである。 
 食い意地が張りすぎで、給餌を始めるとテンパる傾向のあるやまももは、時々目測を誤って、コオロギではなく床材のペットシーツに食いつくことがある。あるいは生きたコオロギを与えたときに、コオロギに逃げられて、空振りしてペットシーツを噛むことがある。
 人間の感覚だと、いくらなんでもすぐに間違えたことに気がつきそうに思えるが、トカゲモドキの感覚は我々とは幾分異なるらしく、一度ペットシーツに食いついたやまももは、かなり執拗に、それを飲み込もうと試みる。咥え直すタイミングを見計らってこちらが離してやらないと、いつまでもペットシーツに噛み付いているのだ。
 そのときに細かい繊維がちぎれて胃の中に溜まり、限界を超えて吐き出されたのではないかと私は考えている。
 他に、紙の繊維なんて口にする機会は見当たらない。
 とすれば、床材がペットシーツだからと言って、誤飲の心配が不要だとは言えなくなる。
 シーツを丸のみするだけの体格や、食いちぎるだけの顎の力を持たない小さなトカゲであっても、このようにして繊維を飲み込むことがありうるということだからだ。
 今日は、にれがペットシーツに付着したコオロギの体液に反応して、シーツに食いつこうとしているところを目撃した。ひと通り他の個体に餌を与え終えたらシーツを替えようと思っていたら、その間にやらかしていた。
 1頭だけならともかく2頭がやるなら、他の個体だって条件次第ではやる恐れが高い。
 であれば、なんらかの予防策をとった方がよい。
 やまももの場合は、ピンセットで鼻先に差し出しているのに慌てて間違え、にれの場合はコオロギを噛んだ拍子に滴った体液に反応しているのでピンセットで確実に与えたからといって100%防げるわけではないのかもしれないが、少なくとも、紙類を床材にしているからといって油断して、餌をその上に直置きするようなことは、避けたほうがよいのかもしれない。

1986年生まれ。幼少期より生き物と戯れて育つ。2011年、東京農工大学農学部獣医学科卒業。同年より小動物臨床に従事。在学中から、WordPressを利用してブログを書き始める。ニシアフリカトカゲモドキと出会った2014年に内容を一新、爬虫類ブログ「とかげもどきのしっぽ。」を立ち上げ、現在に至る。ニシアフリカトカゲモドキをはじめ、多くの爬虫類と暮らしている。

 - 飼育日記