トカゲモドキたちは狙って卵を産んでいるらしい。

      2016/02/22

 先日のエントリーでも書いたように、トカゲモドキの仲間には、胚が成長するときの温度によって胚の性別が決まる温度依存性決定(Temperature-dependent Sex Determination, TSD)を行うものがいます。
 温度によって胚の性別が決まる、ということは、卵を育てるときの温度を調節することによって、狙った性別のベビーを得ることができる、ということです。ニシアフリカトカゲモドキの場合で言えば、オスが欲しければ31~32℃で、メスが欲しければ34℃で育てる、というように。実際、そのようにしてブリーディングを行なっている方もいらっしゃるようです。
 実は、そのようにしてベビーの性別をコントロールしているのは、人間だけではありません。トカゲモドキ自身も、ベビーが狙った(という表現は過分に擬人的ですが)性比で生まれてくるように、産卵場所の温度を選んでいるようなのです。
 こんな研究があります。
Nest-site selection in two eublepharid gecko species with temperature-dependent sex determination and one with genotypic sex determination

 ヒョウモントカゲモドキとニシアフリカトカゲモドキが、どの温度帯域の場所に好んで卵を産むのかを調べた研究です。
 9匹のヒョウモントカゲモドキのメスと8匹のニシアフリカトカゲモドキのメスが、実験には用いられました。研究者らは、28±1℃から35±2℃まで温度勾配をつけた産卵床を用意し、用意したトカゲモドキたちが、産卵床のうちのどのあたりに産卵するのかを調べました。対照として、性染色体によって性決定を行う(Genotypic Sex Determination, GSD)タイプのトカゲモドキであるボウシトカゲモドキのメス8匹を用意し、こちらは24±1℃から33±1℃までの温度勾配をつけた条件で産卵をさせました。温度勾配の幅が異なるのは、卵が育つことのできる温度の幅が両者では異なるからです。
 その結果、ヒョウモントカゲモドキは28.7℃付近に、ニシアフリカトカゲモドキは32.4℃付近に、もっとも多くの卵を産みつけたというデータが得られました。標準偏差(データのばらつき具合を示す値。小さいほどデータは平均値に集中している。大きいほどデータは散らばっている)はそれぞれ0.1℃と0.17℃。つまり、ヒョウモントカゲモドキでは、すべての卵のうち約68%が28.7±0.1℃の間に、ニシアフリカトカゲモドキでは、すべての卵の約68%が32.4±0.17℃の間に産みつけられた、ということです。一方で、ボウシトカゲモドキでは、標準偏差が±0.37℃まで広がるという結果が得られました。このことから、TSD方式のヒョウモントカゲモドキとニシアフリカトカゲモドキは、GSD方式のボウシトカゲモドキに比べて、「狙って」特定の温度の場所に卵を産もうとしている傾向のあることがわかったのです。
 自分たちの生理的特徴なのですから当然と言えば当然なのですが、彼らがきちんとそれを踏まえて繁殖戦略を練っている、というのはおもしろいですね。
 ちなみに、この結果からは、ヒョウモントカゲモドキはメスが多く生まれるような温度の場所の「狙って」、ニシアフリカトカゲモドキはオスとメスが半々になるような温度の場所を「狙って」産卵していることが示唆されます。ということは、ヒョウモントカゲモドキとニシアフリカトカゲモドキとでは、個体群の性比がちょっと違う可能性がある、ということになります。同じようにハーレムを形成するとされている両種ですけれど、実はその生態には、微妙に違うものがあるのかもしれません。
 なかなか、想像力を刺激する研究です。

 ※本エントリーではだいぶ端折って記載しているので、詳細は元論文を参照ください。

1986年生まれ。幼少期より生き物と戯れて育つ。2011年、東京農工大学農学部獣医学科卒業。同年より小動物臨床に従事。在学中から、WordPressを利用してブログを書き始める。ニシアフリカトカゲモドキと出会った2014年に内容を一新、爬虫類ブログ「とかげもどきのしっぽ。」を立ち上げ、現在に至る。ニシアフリカトカゲモドキをはじめ、多くの爬虫類と暮らしている。

 - 爬虫類の学術 ,